• tsドライ

エシカル消費をリフォーム(新築)の視点で考える。



皆さん「エシカル消費」という言葉ご存知でしょうか。

意味としては「人や社会、環境に配慮した消費活動」という意味です。

例えるとすると

・海外から輸入した農作物ではなく地元の農作物を食べる

(輸入かかる排出ガスの抑制、地域の活性化)

・フェアトレード商品の購入

(生産者への公平なる対価に繋がる)

になります。

SDGsと親戚みたいなことかなと私は考えてます。


先ずは自分の周りの小さいところから始めることではありますが、新築やリフォームを考える時に、考えて見てください。

そのビニールクロスは、エシカル消費で尚且つ持続可能な社会づくり(SDGs)に繋がるかどうか。

その合板フローリングは、エシカル消費で尚且つ持続可能な社会づくり(SDGs)に繋がるかどうか。


間違いなく、国産木材はエシカル消費です

・運搬のCO2の排出が少ない

・CO2の固着を木材が担っている

・国産材を使う事で日本の山に手が入り森が豊かになる事に繋がる。

・森が豊かになれば、それに繋がる川と海も豊かになる。

・森を活性化することで森のダム機能が向上し、自然災害が少なくなるかも。


*月齢伐採+葉枯らし天然乾燥材は乾燥にCO2の排出が一切なく、丈夫で長持ちなため断然おススメ


予算の事もありますが、少しでも未来につながる消費行動を試みて頂きたいです。

28回の閲覧0件のコメント

​お気軽にお問い合わせください

平日 9:00 - 17:00